TOP > 歯周病治療

歯周病治療のご案内

歯周病がひどくなると、歯を抜くことになってしまいます!

歯周病の初期症状は、たまに歯ぐきから血が出る程度ですが、進行すると膿が出たり、口臭がひどくなったり、痛みが出たりしてきます。さらにひどくなると、歯を支えている顎の骨が溶けて歯がグラグラしてきて、食べ物をまともに噛めなくなります。歯周病は、重症化すると歯を抜かなければならなくなってしまう恐ろしい病気であるということを、ぜひご認識ください。

歯周病の基礎知識

歯周病は、プラーク(歯垢)・歯石が原因となって歯ぐきや顎の骨に炎症を起こす病気です。プラークは歯に付着するネバネバとしたもので、歯石はプラークが石灰化して固まったものです。歯石自体に害はありませんが、歯石が細菌の住処になることで歯周病が発症・進行する原因になってしまいます。

歯周病の発症・進行を防ぐために重要なのは、とにかく正しい歯みがきをしてプラーク・歯石を溜めないようにすること。そして、歯みがきで取り除けないプラーク・歯石を、定期的に歯科医院で除去することです。

越谷市のまくり歯科では、歯周病予防・治療に対応しております。歯周病でお悩みの方はもちろん、歯周病になりたくないという方も、お気軽にご来院ください。

歯周病になりやすい人っているの?

日頃の口腔内ケアがきちんとできていない人やタバコを吸う人、食生活に問題がある人などは、歯周病になりやすい傾向にあります。これらはすべて日常生活にかかわる要因ですが、「生まれつき歯周病になりやすい人」もいます。以下に該当する人は、特に入念なケアを行って歯周病を予防しましょう。

先天的に歯が弱い

体質が遺伝するように、「歯が弱い遺伝子」も親から受け継がれることが分かっています。つまり、生まれつき歯が弱い人がいるということです。歯周病菌に対する抵抗力が弱いため、感染しやすい傾向にあります。

唾液が粘っこい

歯周病のなりやすさ・なりにくさには、唾液の性質が関係しています。唾液が粘っこい人は、唾液中のカルシウムやリンの分泌量が多い証拠。粘度の高い唾液は歯に付着しやすいため、そこにプラークが付きやすく、歯石もできやすい傾向にあります。

当院の歯周病治療

プラークコントロール

プラークコントロールとは、歯周病の原因となるプラーク(プラークに含まれる歯周病菌)の増殖を抑えるために欠かせない方法です。正しい歯みがきを行うとともに、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラークコントロールをすることが歯周病予防・治療の基本になります。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周ポケットが深いところには歯ぐきの下に歯石がついています。
スケーリング・ルートプレーニングは歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除く治療で、主に初期の歯周病の方に行います。
超音波スケーラーで歯周病の原因になるプラーク・歯石を除去するとともに、再び付着するのを防い で歯周病の進行を抑えます。

スケーリング・ルートプレーニング

【スケーリング・ルートプレーニングのメリット】 ・歯周ポケットの深くまで清潔にできる
・歯周ポケットが浅くなる
・歯ぐきの炎症が収まる
・歯の根の表面がつるつるになる
・虫歯や歯周病になるリスクが軽減する

上記の通り、歯周病の症状改善が期待できます。
歯周病が気になる方は一度医院へご相談ください。

「治療が終わったから安心」ではありません!

歯周病は細菌感染であり、生活習慣病のひとつであると考えられています。つまり、いったん改善しても、以前と同じような生活習慣(歯みがき・食事・喫煙など)を繰り返していると、十分に再発のリスクがあるということです。治療によって歯周病菌の数は減少しますが、お口のなかからなくなることはありません。生活習慣が乱れれば、また増殖して歯周病を引き起こしてしまいます。

治療が終わったから、もう歯医者に通わなくて済む!――こう考える方は、歯周病を繰り返してしまいます。治療が終わったからといって気を緩めずに、まずは毎日の歯みがきをきちんと行うこと。さらに、歯みがきでは不十分なところを歯科医院のメインテナンスで補うことで、生涯、歯周病を寄せつけない口腔内環境を維持していきましょう。