TOP > 審美歯科

審美歯科のご案内

黄ばんだ歯、まだそのままにしておきますか?

加齢や色の濃い飲食物、タバコなどによって、歯の色は徐々に黄ばんでいきます。鏡の前で口を開けたとき、歯の色が気になってしまうという方も少なくないでしょう。そんな方に白くて美しい歯をご提供するのが審美歯科です。

歯が白くなると、食事をするのもおしゃべりするのも楽しくなります。毎日の笑顔が増えて、表情も豊かになります。自分に自信を持つことができ、気分まで明るくなってきます。歯の色でお悩みの方は、審美歯科をご検討ください。

審美歯科で白い歯にする方法

詰め物・被せ物を使う(セラミック治療)

虫歯治療の際に、銀色の詰め物・被せ物(いわゆる銀歯)ではなく、白いセラミックの素材を使って治療をします。また、すでに使用している銀の詰め物・被せ物の見た目が気になる、金属アレルギーが起きたなどの理由で、銀歯を外してセラミック素材に替えるケースも多くあります。程度によっては、歯並びの乱れを直すことも可能です。

天然歯を削らず歯を白くする(ホワイトニング)

天然歯を削らず歯を白くする(ホワイトニング)

歯を削ることなく、薬剤によって歯の色を白くしていく安全な処置です。
歯磨きでは取れない色素沈着に有効で、お好みの色調に合わせて歯を白くできます。
ただし、時間が経つと再び着色してしまうため、白さを維持するには定期的にホワイトニングを受ける必要があります。

当院の審美歯科素材

ジルコニア

美しい見た目と「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど高い硬度を持つ素材です。オールセラミックには及ばないものの、メタルボンドよりも審美性が高く、強度があるので奥歯やブリッジにも使用できます。

オールセラミック

全体がセラミックでできた素材です。見た目がとても美しく、自然な印象を実現します。金属に比べて割れやすいのが難点です。

ハイブリッドセラミック

レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを掛け合わせた素材です。オールセラミックに比べて耐久性は劣りますが、弾性があり、自然な噛み心地で、噛み合う歯を傷めません。奥歯によく使用されます。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物専用の素材です。金属を使うため審美性には劣りますが、とても丈夫で奥歯にも使用されます。歯に対するフィット感が高いのも特徴です。

e-max

二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミック素材で、曲げ強度に優れ、高い耐久性を持つ人工歯をつくることができます。非常に見た目がよく、ほとんど変色しません。また、歯と分子レベルで強固に接着するため、治療部分が虫歯になりにくいのも特徴です。

ファイバーコア

グラスファイバーのピンで補強したレジンの土台です。弾性を持つため歯の根を傷めにくく、歯が割れるリスクが低いのが特徴です。歯にかかる負担が少ないため歯質の大部分を失った場合におすすめです。光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯を削らずに歯の表面に薬剤を浸透させて、歯の着色・変色を改善する施術です。遺伝や加齢、色の濃い飲食物やタバコのヤニなどで黄ばんだ歯を漂白します。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」、その2種類を併用する「デュアルホワイトニング」があります。越谷市のまくり歯科では、ホームホワイトニングをおすすめしています。

オフィスホワイトニング
  • オフィスホワイトニング1
  • オフィスホワイトニング2
  • オフィスホワイトニング3

歯科医院で受けるホワイトニングです。薬剤を歯の表面に塗布後、特殊な光を当てて薬剤を浸透させ歯を白くしていきます。後戻りが早い点がデ メリットですが、1回の施術で白さを実感していただけるため、「手軽に歯を白くしたい」という方におすすめです。

料金 \9,700